スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2013年03月31日

LWRC M6A2を買った!

クラシックアーミーのLWRC M6A2を買った!!


大きめな化粧箱に発泡スチロールの緩衝材、本体とマガジン、クリーニングロッド、フロントサイト治具、
うすっっっぺらのマニュアルと、ぶっっっ厚いカタログが入ってたw あとデチューン証明書。
この箱、きっと実銃のLWRC M6A2より良い箱だとおもうww 実銃の箱ひどいもんなあ。

いきさつは、ずっと前に雑誌で見てからなんとなくカッコいいなあと思ってて
(その他のM4クローンにはまったく興味がないのに)
クラシックアーミーから出てるのを知ってから、ずっと狙っていた。
この1月から3月ものすごく仕事が忙しくて、そのおかげで稼ぎがあったので、
自分へのご褒美で購入!!!

一番お安くてよさそうだったので南蛮堂で購入した。購入前にいろいろ質問したら
すぐに丁寧に回答をくれたので、それも安心材料だった。
とりあえずクラシックアーミーは無調整でも使えるし、それで満足できなかったら
調整したら良いのではとのことだったので、リチューンなしで購入。

実際箱出しでもとりあえずちゃんと弾はでたw ちょっとサイクルが遅いのだけど、
バッテリーに負荷がかかってる感じでもないし、そういうセッティングなのかも。
一応あとでグリスアップとかしてみようっと。

初速は、マルイ0.20gで97m/s - 98m/sぐらいだった。結構ギリギリで輸出するのねえ。
もっとガッツリ下がってるものかと思ってたのだが。ちょっと怖いので、もうちょっと下げとこ。

CAのLWRC M6A2を買うにあたって、ほんと日本語での情報が少なかった。
スポーツライン版のM6A2ならいっぱい記事があったんだけど。
なのでちょっと細かくみていこうとおもう。

まずはフロントまわり


きれっきれのレール。CNCといってるが、一見厚ぼったい塗装のせいでダルくみえるが
ほんときれっきれ。手がきれそうw
嵌合精度もよく、ガタもまったくない。よくできてる。

LWRCのレールカバーも売ってるのだけど、細めのしかないのよね。
KACのレールカバーならいっぱいもってるんだけど、なんとなく合わなさそうw
なんかタクティカルなの買ってつけようかな。


正面から見たところ。
特徴的な、スクリューを緩めて上部のレールを外す形式。
今気付いたけど、フラシュハイダーが上下逆についてるのは、自分のミスw
フラッシュハイダーもきれきれのすばらしいモールド。

フロントサイトは、実物はTroyのOEMでLWRCのマークが入っているのだが、
ここは是非いれてほしかった。全体的にLWRCの文字のロゴはあるけど
マークが一切ないから、そこまでのライセンスはとれなかったのかな。


上部レールを外したところ。
最大の特徴だけど、電動ガンにはまったく関係ないピストン。
よく出来てる。ぬかりない。ニヤリとする。

この上部レール、ものすごく固く嵌っているので、レールになにかつけて
ハンマーで前方に向けて叩かないと外れなかった。


レシーバー左側
質感はなかなか良い感じ。
ロアレシーバーには刻印で、アッパーレシーバーにはプリントでロゴが入ってる。
アッパーのLWRCロゴは、ホワイトじゃなくてごゴールド。
ほんとは5.56mmがいいんだけどねえ。

レシーバー右側

おもしろいのが、ボルトストップがちゃんとかかるってこと。
ボルトストップ下部を押しながらチャージングハンドルを引くとちゃんとボルト相当の部品が止まって
ホップ調整ができて、ボルトストップ上部を押せばボルトが前進する。
意外と便利。たのしいし。でも半分ぐらいしかボルトが下がらないし、
弾切れでボルトストップはかからない。

ホップダイヤルは、同軸のタイプ。初期のは歯車タイプだったみたいだけど、
今のは同軸になってっぽい。動きはしっかりしてて不意に動くこともなさそう。



ストックはVLTORタイプ。質感はイマイチ。本物みたことないからわからないけど。
CLASSIC ARMYのロゴが入ってる。梱包の発泡スチロールがゴム部分に溶けてついてたw

後ろのプレートが外せて、そこにバッテリーを入れるタイブ。
ヌンチャクタイプやセパレートリポが入るとおもう。

でも、PSDなんかはもともとバッファチューブに入れる仕様になっていて、
このM6A2もバッファチューブに入るようになってる。

これはET-1のセパレートリポを入れたところ。
1000mAh以上のだと、ハミ出しちゃうと思うけど、
ストックを最短まで縮めなければ大丈夫。
そもそも、バッファチューブ後端のキャップ的なものが無いという
大変漢らしい仕様w


てな感じで、今のところこんな感じになってます

もともと、TR-Xファルコンとマウントは、これに付けたくて買っていたのよね。

あとは、16インチのロングバレルにして、バイポッドもつけたい。
あーはやくこれもってゲームしたい!! お店の人からゲームに誘われたのだけど、
しばらくは土日が休めなさそう…。春のうちのデビューさせたい。

  


Posted by usay at 23:33Comments(0)買い物

2013年03月09日

Leatherman MUT Utilityを買った!

Leatherman MUT Utilityとビットキットを買った!





サバゲに行くのに毎回いろいろな工具を持っていってそれなりに使っているのだが、
プライヤーやら六角レンチやらピンポンチやら別々に工具箱にうまく納めて、重い思いして
持っていくの面倒だなあと思っていたので、マルチツールが欲しかった。

そんな中で、ピンポンチがついてるマルチツールがあったので、このLeathermanのMUTを選んだ。
ぶっちゃけ、ピンポンチなんてただの棒があればよかったので、なんでも良かったんだけどw

なんか仕様が変わったみたいで、1/2と3/8のメガネレンチが付属していたはずなのに、
届いたのは3/8とあと二股のフォークみたいなのだった。なにかと思ったらM4/M16の
フロントサイトのアジャストツールww ほんとM4/M16専用になっていくな。


これがピンポンチ機能。まあただの棒ですねww


これがMUT EODだと、C4への信管を刺しこむ穴をあけるツールになる。

ジャムったときにボルトを強制的に後退させるツール

まあこの写真はWAM4にダミーカートつっこんで写真とってはみたものの、
TOPのM4とかモデルガンにしか使わないよねww

平型のビットをとりかえてドライバーとか六角レンチとかトルクスなどとした使えるんだけど、

このMUTに限っては、本体を閉じた状態だとガードされてて使えない。

伸ばしたら伸ばしたらで中途半端にグラグラだし、おそらくL字型で使うのがいいのではないだろうか。


てな感じで、下の写真の右側にあるいつもフィールドに持っていったツールが
左側のLeatherman MUTに集約して持っていけるようになりました!!
ぶっちゃけ、重量は重くなってる気がするけどww


でもやっぱり別に持っていかない工具はあることはある。とりあえず下のは持っていく。

(PASLウェビングへ通す用のプラスチック板、ピンセット、極小六角レンチ、バルブレンチ、ホップ調整ツール、
コイン、ニッパー、スナップリングプライヤー、モンキーレンチ、M4/M16用マルチレンチ、バッファリングレンチ)

重量は重くなった気がするけど、とりあえず工具箱が閉まるようになったからよいかw

公式紹介動画

  


Posted by usay at 23:39Comments(0)グッズ

2013年03月03日

マグフォース ポケットオーガナイザーを買ってきた

マグフォースのポケットオーガナイザーを買ってきた。


5.11のMOAB10を持ちあるいているんだが、
小物を小物ポケットに入れておいても、ファスナーでガバって開くので、
いつのまにかポケットから外れたりした小物が落ちたりして困ってた。
バッグの中に入れておけるポーチみたいなので、
ちょっとした小バッグみたいなのを探していたら、これに行きついた。

ひらいてみたところ


ファスナーがどちらからも開け閉めできて、外側にメッシュのポケットと裏側にPALSウェビング
内側はA6ぐらいのノートがピッタリのポケット2つと、左側は途中で縫いつけられてるゴムバンドで、
右側は横に通しのゴムバンド、それらのゴムバンドの上にいくつかの幅のゴムバンドが付いてる。
あとはフックが一つ。

ゴムバンドはよく出来てて、縫製でゴムバンドの幅をいろいろ変えてあって、
ライトだったりペンだったり、大小さまざまなゴムバンドを作りだしてる。
あんまり厚みはないんだけど、わりと中に入る感じ。

でもあんまり入れるものなかったw
とりあえずいつも携帯しているのを入れてみた。

スポットのLEDライトと全天候型ノートと全天候型ペン、小さいハサミとヘキサゴンレンチあたりを。

ヘキサゴンレンチは普段いらないので、今はサイリウムとUSBケーブル、
あとエマージェンシブランケットと絆創膏と除菌ティッシュと乾電池を入れてる。
いざってときは、これを持って逃げればなんとかなるかなと。
もうちょっと大きければ、サバゲのときのちょっとした工具入れにもよさそう。

マグフォースは、デザインはイマイチだけど、頑丈で機能性は高いので好きなブランドです。
質実剛健ってイメージがピッタリだとおもう。  


Posted by usay at 00:50Comments(0)グッズ