スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2013年05月25日

NOVESKE NSRを買ってきたぜ

最近発売されたMADBULLのNOVESKE NSRを買ってきたぜ!

最近急に興味を持ちはじめたところにタイミングピッタリの発表、
MADBULLだし安心して購入してきたのだが、結構罠があった。



一緒に買ったのは純正オプションの9リブのレールと、
実物のKeymodポリマーパネル。

商品構成はレールとバレルナット


NOVESKEの刻印


バレルナットのネジのピッチは、マルイ電動M4と一緒。
とりあえず次世代M4のアッパーレシーバーにとりつけてみると、
まったくガタつくことなくピッタリとつけられた。


公式のインストール動画をみると、バレルナットを手で回しておわりで
いやこれじゃダメだろうと思っていたのだが、
とりあえず手でやってみたら、どういうわけかガッチリついた。

3方向からネジ止めすることによって歪んで締めこまれたのかな。
実物は、ちゃんとしたレンチで締めこむようになってるので、やるべきだとは思うけど。


MADBULL恒例のガスチューブ通せんぼは、シャフトが一本通ってるだけ。
ニッパーで折りとれそう。


次世代のアッパーとはちょっと段差ができる。
次世代のアッパーは、KACの実物RASとは段差ができないので、
MADBULLのほうが高いのかな。

なかなな見た目の精度は高いし、本体のとりつけはガッチリできる。
めっちゃ細いハンドガードも持ちやすい。ちょっとしたスコープを握ってるような感じ。

さて、問題その1

純正オプションのレール。


レール自体は表から付けるんだけど、裏のナットの軸が丸いので
表からボルトをいくらまわしてもクルクルまわってしまう。
見た目そんなだけど、なんか工夫があるのかとおもったら、
まったく見た目の通り。軸を楕円にするなどすれば、溝にはまって回らなかったのに。
工夫がたりない。ていうかどうしようもない。

問題その2



一緒に実物のKeymodポリマーパネルを買ったのだが、どうやっても入らない。
Youtubeの実物の動画みたら、ハンマーでぶったたいてたので、
やってみたのだが、やっぱり入らない。

で、実物のNSRのKeymodホールをよくみると、裏側が斜めに面取りされてて、
縁が薄くなっている。そこに鋭角にハマって固定されるようになっているようだ。

対してMADBULLのNSRはまったくの平面。どうやっても入らない。
斜めに入るテンションで固定されるようになっているので、
削ったりしたら固定されなくなってしまう。どうしようもない。

すなわち、いろいろ出ている実物のKeymodシステム用のオプションは
ほぼすべて使えないと思ったほうがいい。
そして、現状レプリカのKeymodシステムオプションは純正のレールのみ。

つまり、現状MADBULLのNSRもなにか付けたい場合、たとえレールカバーであっても
わざわざ純正のレールをつけて、従来のレールカバーをつけなければならないという、
めっちゃ細いハンドガードに、薄く固定できるKeymodシステムという
NSR最大の利点をまったくなにも得られないわけだ。

結論を言うと、
現状のMADBULLのNOVESKE NSRに、実物のKeymodシステムのオプションを
付けたい人は買っちゃだめ。

MADBULLが実物と同様の加工をするアップデートをするか、
MADBULLのKeymodレプリカ専用の特殊オプションが揃うまでは
NSRの上面のレールになにか付けるか、純正の付けにくいレールに
ぶ厚くつけるしか方法はない。

まあ、今はなにも付けないでいいって人が買うか、
オプションがいろいろ揃うまでは買わないほうがいい。
手袋してれば、レールカバーなくてもまあまあ大丈夫だしね。

うーんしかし、MADBULLは癖はあるけど堅実に精度が高いものを作るってイメージだったのに、
今回は詰めがあまかったよなあ。なんか急ぐ理由があったのだろうか。
やっぱNOVESKEの創業者が今年亡くなったってのもなにか影響あるのかな。
もうちょっとしっかり作ってほしかったのと、オプションを準備してから売りだしてほしかった。
ざんねん。  


Posted by usay at 23:19Comments(2)買い物

2013年05月18日

BLUE FORCE GEAR VCASを買った!!!

BLUE FORCE GEARのVickers Combat Applications Sling (VCAS)を買った!!!

先週MagpulのMS3を買ったのだが、あまりの使えなさに即効はずして、
今度はきちんと評判とかを聞いてじっくり選んで買ってみた。

候補にあがったのは、BFGのVCASと、
VIKING TACTICSのVTAC WIDE SLING

甲乙つけがたかったのだが、実際に使用した人の話を聞くと、
機能的には似たようなものだが、VTACのほうがウェビングがツルツルで柔らかいとのこと。
潜在的にMS3の捻れ問題と同様の問題が起こる可能性はあるので、
VTACも気になるものの、VCASにしてみた。

って言うほど選べる状況じゃないんだけどねw どこも売り切れで。
ヤフオクにVTACもVCASもいくらかあるぐらい。
AdvancedAssaultGearにVCASのコヨーテブラウンがあったのでこちらで購入。
スライダーがアルミのではなく、アセタール製です。

さっそく注文してあっという間に届いた。





結構な化粧箱にカラーの説明書。でもこんな紙っぺら見てもわからないので、
動画みたほうがいいと思う。

Blue Force Gear® Vickers Combat Applications Sling™ Shoulder Transitions


動画では、ストックに付けた場合に、ストックの内側につけているけど
外側につけたほうが、利き腕のときも逆のときもストック後端に巻き込まないのでよいと思う。
(アームズマガジン別冊のM4カービンダイナミクスの14ページの状態)
あとネックループにする必要もない。

CAのLWRC M6A2につけたところ

いやーーしぶいっす!!

フロントはDanielDefense オフセットQDスイベルマウントにつけてます。
リアも、この写真ではバッファチューブ基部につけているけど
結局ストック後端の外側につけるのに落ちついてる。

とりあえず、おウチで使ってみた感想は、
いっっやああーーーほんとに使いやすい!!!
スリング探しの度も、ほんとこれで終了ですわ。
シングリポイントスリングも3点スリングもいらない。

ウェビングは適度に固くてまったく捻れないので
スライダーを動かしても巻き込むことが皆無。
パッドは薄いけど適度に柔らかいのでまったく負担にならず。

なによりもよく出来ているのが、スライダーの機能。
MS3がどんだけ使えない子だったか、ほんとよくわかるわ。

MS3は、スライダーを引くとスリングが縮んで、
スライダーを押すとスリングが伸びる。
このせいで、スリングを縮めるとき、銃の重さがそのまま負担になるか、
水平の場合は逆の手でしっかり押さえなければならない。
押すときも、銃が自重か手で固定されていないとまともに動かず、
このときに捻れて巻きこんでほんとウザい。
これ、実戦で使ってる人がいたら、命に関わる問題だと思う。

対してVCASは、滑車のようになっていて、
スライダーを引くとスリングが伸びて、
スライダーを押すとスリングが縮む。
どっちも銃の自重を自然に利用しながら、
比較的軽めの力でスライドできる。
ウェビングが適度に固いので捻れることもない。
ほんと、仕組みと使うシチュエーションをよく考えて
試行錯誤して、こういう素晴しいものを作れたんだと思う。

難点は、日本で買うとちょっと高いことだよなあ。
向こうで買うと55ドルぐらいだけど、
スリングは銃の附属品とみなされて93類だからなあ。
自分ではいかんともしがたい。
までも、MS3に9000円ドブに捨てた感じになったけど、
こっちにだした9000円は本当に価値あるものだった。
MS3は一眼レフカメラのストラップにでもしようっとw

ほんとこれは買ってよかった。
次のゲームで使うのが楽しみすぎる!!
  


Posted by usay at 22:36Comments(0)カスタム

2013年05月18日

DanielDefense オフセットQDスイベルマウントを付けた

DanielDefense Offset QD Swivel Mountをつけた。



買ったのはいつだったか。去年ぐらいだったかな。
なんとなく安くオークションに出品されてて誰も入札してなくて
なんとなく入札したら落札してしまって、特に使い道もなく放置してた一品。





パッケージは日に焼けてボロボロになってたけど、中身は全然問題なかった。

なんでこんな不恰好な形をしているかっていうと、銃につけたときにぶら下げると、
自然と銃が上下ちゃんと垂直になるんだよね。
レール側面にスイベルがついてるとどうしても銃が斜めになってしまう。
やっぱちょっと不恰好だけどw

さて、届いたあれを付けようかな。  


Posted by usay at 21:32Comments(0)カスタム

2013年05月12日

Magpul MS3を買ってきた

Magpul MS3を買ってきてつけた。

これまた今更なんだけど。
RSAもつけたことだし、スリングもMagpulがいいんだろみたいな勢いで。


PTSでいいやと思ったけど、MS3はPTSはでてないのね。
NBのコピー品は、Magpul(PTS)のコピー品が嫌いってのあるけど、
数kgのものをぶら下げるのに得体のしれないものを使うのは恐いので。
会社の帰りに渋谷のポストホビーで購入。

M6A2につけてみたところ。




やっぱりRSAとは相性バッチリですな。

MS3を使ってみた感想は、うーーーん。ちょっとイマイチ。

まず、2ポイントから1ポイントへの変更だけど、
スリング途中のリングの断面が丸じゃなくて多角形なので、
フックをかけるときに角度が悪いとなかなか入らない。
フックとリングが水平じゃないと入らないと思ったほうがいい。
RSAみたいに断面が丸だったら問題なかったのになあ。
強度の問題なら、鉄でつくって断面を丸くしてほしかった。

次に、スライダーがすごく硬い。
伸ばす方向も硬いんだけど、縮める方向がやたら硬い。
ある程度硬いほうがいいのではあるど、なんぼなんでもかたすぎ。
まあ縮める方向に動かすときは素早さは必要ないのかもしれんけど。

あと、スライダーを動かすときに、スライダーの裏側のウェビングが
捻れちゃって噛み込んじゃって動かなくなるとがしばしばある。
これはほんと困る。
ウェビングの材質が柔らかくて幅広いのが問題なんだろうけど。
これはもうちょっと研究してほしかった。
2→1へのトランジッションとか、状況に応じて長さを調節したりするような
タクティカルなやり方にはちょっと使いにくい。
あんまり現場で使って研究せずに作った感じがするなあ。

2ポイント固定、 1ポイント固定で使う分には十分だと思うけど、
それだったら2ポイントや1ポイントのスリングつければいいよねw
一回もゲームで使わずに別なスリングにしそうな予感。
VCASかVTACほしいなあ…  


Posted by usay at 00:09Comments(0)カスタム

2013年05月11日

Magpul RSAを買ってきた

Magpul RSAを買ってきてつけた。PTSだけど。
これまた今更なんだけど、なんかマーキングが新しくなってるとかなんとか。


なんか得体のしらない油がべったりだったので、クリーナーで落として、
間髪いれずに水置換防錆スプレーで磨いておいた。

M6A2につけてみたところ。

どこにつけるか悩んだんだけど、なるべく前でハンドガードを持つ手に邪魔にならない所
ということで、AFGの後端の直上にした。
AFGつかってる人はだいたいここだしね。

なんかほんとMagpulづいてるなあ。
一応手持ちのCQDマウントレプリカとかDDのQDマウントとかつけてみたけど、
あんまり似合わなかったので外した。

あとRSAって、このあたりにつけておくと、
ハンドガードを持って垂直に銃を持ち上げるときに
親指のつけねあたりをひっかけると握る力が弱くてすむので便利。  


Posted by usay at 23:09Comments(0)カスタム

2013年05月06日

PTS純正の多弾P-MAGを買ってみた

なにやらPTS純正の多弾P-MAGが出てるってことなので買ってみた。
PTSライセンスの多弾マグはG&Pとかから出てたけど、
純正のはあまり見たことがないな。今まであったのかな。





左が多弾マグで、右がノーマルマグ。


あたりまえだけど、どっちもPTS純正なのでだいたい同じ。
P-MAGの文字がシボ加工ありなしだったいるるけど、時期の違いかな。
上のフタと下のゼンマイみないと違いがわからないと思う。

肝心の性能だけど、マルイのプラ弾だと弾あがりセミ/フルとも全く問題なし。
マルイのバイオは手持ちがなかったので試してない。

CYCの0.23だと、セミでたまに上がってこないことがある。
ただ、ラッチを解除すればザラザラーーと出てくるので、
チャンバーとの相性なのかも。マガジンの給弾口の爪が結構奥でかため。
ProWinのCNCチャンバーとCAのLWRC M6A2のアッパーとの相性かも。
トータルバランスですね。

さてちょっとした問題は、
P-MAGのパチンとしめるフタが付いてるんだけど、
そのフタをマガジン下にバンパーとしてつけると、
ゼンマイが巻けないという問題w





まあ当然といえば当然だけど、仕方ないと言えば仕方ないかなw
でも一工夫欲しかったところ。
フィールドにはなくすだろうから持っていかないほうがいいな。
ノマグとの区別にもなるし。

ってことで、多弾はM6A2付属の使おうと思ったけど、
わりと安心のPTS純正が手に入ったのでこれを使おうっと。

どっちかっていいうとノマグ派なんだけど、
やっぱ定例会とかだとチームメンバーの援護で撃ちまくるときがあるからね、
そういうときは多弾で撃ちまくって援護したいので。  


Posted by usay at 17:54Comments(0)買い物

2013年05月06日

LWRC M6A2のストックを替えた

LWRC M6A2のストックを替えた。
CA標準のが、LWRC標準のVLTOR EMODなんだけど、
大容量バッテリーが入るようにだいぶ大柄なんだよね。
ロゴもCLASSIC ARMYだし。

実物EMODが欲しいところだけど、なかなか実物がでてこない。
ヤフオクにずっとあるけど、ちょっと出品者が怪しいのでパス。
UFCのレプリカが出来がいいようだけど、どこも在庫なし。
今問屋にあるか問い合わせ中。

とりあえず、LWRCのPSDで純正のMagpul CTRにでもしてみるかと、
注文してみた。MagpulつってもPTSだけど。



大変今更ではありますが。
ついでに1/4インチのチークライザーとRSAと
なんかPTS純正の多弾P-MAGがあったので注文してみた。
RSAも新マーキングらしい。
RSAとP-MAGは別エントリーで。

今までブログにMagpulの話題って出なかったけど、
実は3年ぐらいまえにそれなりにハマってた時期はあった。2ヶ月ぐらい。
例に漏れず茶色かった。そんとき買ったACSとAFG2。

これに茶色のPEQ15とか付けてたから、ちゃんと茶色の銃だった。

その2ヶ月以降まったく付ける気力はなかったのだけど、
ついに役立つ時がきた! それがこれ

Magpulのストックを付け外しするときに、金具を引っぱる道具。
地味にこれ便利なんだよね。ACSのときはACSの小物入れに入ったからいいけど、
CTRだと入れられないのでなくさないようにしないと。

さて、その3年前ぐらいにラバーパッドも買ってあったので
それも装着してみた。


今までACSにつけてたんだけど、外してCTRに付けるときに変な出来事が。
ACSはミリ規格の六角ネジだったのに、CTRはインチ規格の六角ネジだった。
ネジピッチまでは見てないけど。
ACSはアクセスオーバーシーズの日本正規品、CTRはPST正規品だけどおそらく並行輸入品。
このへんの違いなのかな。それとも時期的なものか。謎だ。

ってことでサクっと装着。

ちなみに、CAのLWRC M6A2のバッファチューブに、
Magpul PTSのACSは径が小さすぎて入らなかった。CTRは余裕。

この写真ではチークライザーをつけてるけど、
なんか急にCTRっぽさが無くなっちゃうので今は外してる。
むっちゃくっちゃ外すのが固かった。
フチに薄いものが入るようになってるので、テコの原理で外そうとしたけどちょっと無理。
試行錯誤の末、マイナスドライバーの先端にビニテを巻いて摩擦を多くして、
上にずらす力6割、横に持ちあげる力3割、神の御加護1割ぐらいの力配分でやると
わりと簡単に取れた。まあもう付けないけどw

てな感じで今更Magpulなんですが、LWRC純正ってことで
言い訳しながら付けていったのだけど、
実際使ってみるとこれは良いものだね。
P-MAGは軽いし、ストックは構えやすいし操作しやすいし
グリップも幅はあるけど細身で握りやすいし。
あとやっぱ民間使用が多いからMagpulが付いてる写真が多いんだよね。
やっぱりLWRCにはMagpulが似合う  


Posted by usay at 17:21Comments(0)カスタム

2013年05月04日

ERGO LowProレイルカバーをつけた

LWRC M6A2にERGO LowProレイルカバーをつけた。

まあなんてことないことなんですが、
目標としてたカスタムくっついていたので真似で。

左右と下につけたいので、2つセットを2パック。


もっとやわらかいのかとおもったら、すごく硬い。

レプリカはなんであんなにぐにゃぐにゃしてるんだろう。
硬いんだけど、つけてみれば絶妙なやわらかさを感じる。
よくできてる。

ブリブリとつけていく

そう、この感触はトウモロコシに近いw
きもちよくハマっていく。
地味にレールの精度が必要なんだろうな。

くっつけたところ


実によくできてる。
絶妙にやわらかいけど、ズレない程度の硬さはある。
別にレールなんて傷だらけになってもいいんだけど、
このCAのLWRC、CNC加工でものすごく鋭くてあぶないので、
ほんとうにカバーが必要だった。
ハンドガード自体の太さはあまりかわらないし、
素手で持つのに丁度いいのではないだろうか。

問題は、外すのにえらい苦労すること。
爪では到底むりそうだし、ペンチだとあっと言う間に跡がのこってチギれそうになるし。

で考えたのが、木でヘラをつくってテコの原理ではがす方法。

ワリバシを適当にけずって差しこんでテコの原理でムリっとこじるとペロっと取れる。
木だったら、アルミも塗装も傷つけないし、プラスチックもあまり傷つかない。
使って傷つくのは仕方ないけど、こんなどうでもいいことで傷はつけたくないよね。
てな感じで、木のヘラがいいと思います。  


Posted by usay at 21:18Comments(0)カスタム