スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2014年06月28日

M870タクティカルをもっとタクティカルにしてみた

フロント部分をいじってあるM870タクティカルをもっとタクティカルにしてみた

自分が尊敬しているお姉さんのM870に似せるべく部品を購入。
買ったのは、

G&P MSP002F ショットガンフォアアームA
PTS AFG2
PTS XTMレイルパネル
DYTAC ハンドストップ DY-AC11-BK




とりつける前


とりつけた後



フォアエンドをレールにして、AFGで引いてハンドストップで押すようにする感じ。
なるほど、たしかにやりやすいわ。やっぱ実銃をバンバンうってる人のやることは違うな。
ただ、このレールがだいぶ浮いてる感じなので、だいぶ太くなっちゃうのが難点。
実銃用のレールフォアエンドって、もっと薄いんだよね。
あと、重くなって油断するとすぐ動いちゃうのも困るw

ってことで、おっっとこまえになりました!!


  


Posted by usay at 20:07Comments(0)カスタム

2014年06月27日

M870用ショットシェルホルダーを買った

M870用ショットシェルホルダーを買った。

ショットシェルの持ち歩きをどうしようかと思って、
サイズが実弾と違うので、実弾用のホルダーは使えないし、
ショットガンのサイドにつけるホルダーは、だいたい左側で
スリングをつけると邪魔になるし。

てな感じで探していたら、ヤフオクで自作ホルダーを販売してる人がいたので買ってみた。






かなり手作り感ある仕上りだが、しっかりした出来で頑丈。

前後2列に4本ずつ、計8本入る構造。
内部を硬質のスポンジでささえてあり、
勝手に抜けることは無いものの、能動的に抜きたい時はストレスなく抜ける。
裏側はゴムのベルトのクリップがついており、MOLLEでも良いし、
ベルトにも簡単につけられる。よくできてる。

使い勝手もなかなか良い。これはよいものを買った。
今度のインドアゲームには、これつけてM870持っていこ。  


Posted by usay at 18:17Comments(0)装備

2014年06月25日

東京マルイM870タクティカルを買った!

東京マルイM870タクティカルを買った! あと部品たくさん。




東京マルイM870タクティカルは、欲しいショットガンじゃなかったし(欲しいのはモスバーグM500)
どうも初期不良が多かったみたいで静観していた。
それなのになぜ今M870タクティカルを買ったかと言うと、
尊敬しているアメリカのお姉さんがM870を使っていたので。

ただ、マルイのM870タクティカルって、あんまり好きなスタイリングじゃないんだよね。
タクティカルっていうより、狩猟用って感じ。
よくよく調べると、タクティカルってのはマルイが適当につけた名前で、
本家レミントンのタクティカルは全然違う。


なぜマルイがあれをタクティカルと呼んだかは謎だな。レールがついてるからかしら。

ってことで、本来の姿に近付けるべく部品購入。
G&P SHP015 バレル QD スリングマウント
G&P MSP004 スペアマガジンチューブ
ライラクス ストライクハイダー タイプA

てな感じの部品をつけた姿

結構本来のM870タクティカルの姿に近くなったのではないだろうか。
結構満足。てか、最初からこのスタイルで出してよほんと。

ってことで、かっこいいショットガンがふえました!
この調子でモスバーグM500出してほしいなあ

  


Posted by usay at 20:10Comments(0)買い物

2014年06月22日

WAのKimber TLE TFSを買った!!

ウエスタンアームズのKimber カスタムTLE II(TFS)を買った!!!
この夏の限定品で、限定12丁らしい。とあと予備マガジン1本。


Kimber TLE TFSは、今年のショットショーで発表されたKimberの新作で、
Kimberの有名なLAPD SWATモデルの民間バージョンとも言えるTLEに、
GEMTECHと提携したサプレッサー取り付けネジがついてるバレルを搭載してる。
なのでTFS: Threaded For Suppressionというわけ。

さっそくウエスタンアームズでも小回りがきくのを活かして、
この5月にモデル化したみたい。

KimberのTLEが欲しくなって、入手するには3つの方法があった。
(1) BWCのモデルガン。いまならまだ在庫があるっぽい
(2) マルイMEUかナイトウォーリアベースでAnvilなどの部品組み込み
(3) ウエスタンアームズのこれ

(1) は悩んだんだけど、どうせ都内の賃貸じゃ発火できないので却下。
(2) は部品を計算したのだけど、今ならAnvilやらDETONATORで部品は揃う。
でも合計金額がスライド抜きで4万5000円とかになっちゃうし、
肝心のスライドがタニオコバのHWぐらいしかないので(メタルスライドは使う気はない)
そうなるとオークションに出るのを待つか、ワンオフで作ってもらうかしないので却下。

ってことで、そう考えるとウエスタンアームズの3万なんてそんな高くないので、
その日その足で渋谷まで行ってその場で購入してきたw
決めたのが月曜の18時半で、急いで渋谷に行って購入したw
どうせなら、今限定で出てるTFSにしよってことでTFSを購入。
ただ、気分によって普通のTLEにもしたいなと思ったので、
店員に聞いたら、意外なほどフレンドリーの相談に乗ってくれたw
渋谷ってあんなにフレンドリーだったっけ。
ってことで、通常のストレートバレルも一緒に購入してきた。
WAは高いってイメージだったけど、シルバーメッキのメタルアウターバレルが、
2300円だった。そこらのサードパーティより安いんでないの。

さて中身は、

箱は通常のSCW製品よりさらにしょぼい。
定番品はもうちょっとかっこいいシールなんだけど、
これはほんと文字だけワープロでつくったような感じ。



たぶんアルミパイプを加工して、TFS用のバレルをつくってるみたい。
軽い。あと通常のバレルはライフリングがきってあるのだけど、
これは切ってなかった。ちょっとつるりとしすぎていて残念。


刻印は綺麗にはいってる。うるさいパテント関係も入ってないのですっきりしてるし。
ってか、Webサイトをみると、Kimberともキンバーともうたってないのよね。
たまにちゃんと商標利用の権利をとると、やれ刻印にいれるわ、Webにはいろいろ書くわ、
他社にはごちゃごちゃ言うわだけど、まあ、Kimberについてはそういうことってわけね。
ダブスタだよね。まあ客としてはリアルじゃない刻印が入るよりいいけど。


重量は素のTLEで1026gだった。ガスが少しはいってたかも。

さて、さっそくアウターバレルの交換。

かなりキツくはいってるから、一回ちゃんとバレルを抜いてから外したほうがいい。
TFSのバレルは、アルミまるだしなのでちょっとイマイチだね。
真鍮で自分で作ったほうがいいかもしれない。作れれば。


うん、やっぱりこっちのほうがいいねw Kimberはシュッとしててかっこいいなあ。
Kimberは派手さはないけど、わかる人はわかるって感じがまたいいよね。
塗装がちょっと弱くてホスルターですぐはげるけど、そんなの気にせずサバゲでガシガシつかっていきたい。

最後に難点をいくつか
・純正のサプレッサーネジ部分のカバーが、つるりとしていてかっこわるい。GEMTECHのはローレット加工されてるやつで、TFS付属のもそれだから交換したい
・なんかあちこちやたらカタカタしてる。WAの1911全般がそうなのかもしれないけど。スライドも横にガタガタだし、バレルもぜんぜんロックされないし。まあこういうものなのかもしれないけど、ちょっと興醒めなのでなんとかしたい。



  


Posted by usay at 21:30Comments(0)買い物

2014年06月15日

KSCのタクティカル5.0のフロントサイトの修理をした!

こないだ行ったtaapのゲームで、どうやらタクティカル5.0のフロントサイトを落としてしまったようなので、
KSCから取りよせて修理をした。



KSCのパーツ注文、速くていいんだけど、消費税増税とともに、小物の発送手数料と送料が
300円から500円になっちゃってすごく高くなっちゃった。
部品が450円で、送料500円だもんな。それでクロネコヤマトのメール便だもの。
まあ、対応が速い分の事務手数料考えればわからんでもないけど。
いそがないんだったら店頭で注文しようっと。
注文して翌日には届いてた。ほんとそこは助かる。

ゲームから帰ってきて片付けしてたらこんな状態に…。

最後のゲームまで普通に使えてたから、フィールドで片付けしてるときになくしたんだろうな。
よかった高いフロントサイトを使ってなくて。
こないだちょっと自分でゆるめたりしたから、それでゆるんでたんだと思う。

ちなみに、ウチになぜかあったAnvilのファイバーサイトをつけてみたら、
スライド上面からがっつり浮いちゃって新エヴァ弍号機みたいになってしまったw

ちなみになぜウチあったのだろう。一度渋谷のポストホビーでオレンジ色の光につつまれて、気がついたらレジで赤い袋を持っていたことがあったので、あの時かもしれない…。

ってことで取りつけた。

ところがここで問題発生。今度は落ちないようにとグイグイしめていったら、スライド側のドブテイルがプラスチックなもんだから、縁がめくれちゃって、あやうくドブテイルをダメにしちゃうところだった。

どうせ合うオプションパーツもないし、ガッチリ固定するために、スライド側に穴をあけて、スライドとフロントサイトを万力で挟んだ状態で、イモネジをしめてスライドとフロントサイトをネジでガッチリ固定してやった。これでもう落ちないだろう。

実銃と同じ固定方法なのはいいけど、実銃とは違う材質なのだから、実銃を模した上で、確実な固定方法にしてもらいたいものだ。まあ、そこがKSCはお座敷用と言われる所以なのかもしれないけど。

ま、とりあえずはちゃんと直ったのでよかった! これでまたゲームにガンガンつかえるぞ!  


Posted by usay at 22:28Comments(0)カスタム

2014年06月08日

STIのマグウェルにホワイトを入れた!!

先日届いたKSCのSTIマグウェルが、刻印がまっくろでつまらないので、
STIのマグウェルらしくがっちりホワイトを入れることにした。

まずは取り外し。

ピンを抜くだけ。

こんな感じで、刻印はしっかりと深く入っているのだけど、
ホワイトは入っていない。まあ普通ここにくっきりホワイトをいれるより
ブラックのままのほうが精悍でいいと思うけど。

でもSTIのこのタイプのマグウェルは、がっつりホワイトが入っているので
STI好きは入れたくなるのだ!

問題はなにで入れるかだな。ウチにあるモノで考えたのは、
・チョーク
・パステル
・クレヨン
・リキテックス
・ハンブロール
・タミヤアクリル
だったが、とりあえずなぜか持ってたギターマーキングチョークを使ってみた。
なんで持ってたんだっけかな。たしかペリカンのウレタンを切るときに買ったのかな。


なんか一発でこれで正解だったようだ(笑)
線と直角になるようにグリグリ埋めていって、
はみだしたところは水を含ませた布でゴシゴシやったら
きれいにホワイトが入った。そのうち落ちちゃうだろうけど、また入れればいいし。
ちょっと触ったぐらいじゃ全然落ちないし。



ってことで、こんなに男前になりました!
こんだけまっくろなのに、ここだけまっ白とか普通は微妙に感じるだろうけど
これがたまらん! レッグホルスターにいれると、後ろからよく見えるのがまた良い!

ということで、お手軽にホワイトがいれられました。
  


Posted by usay at 22:28Comments(0)カスタム

2014年06月08日

KSC STIタクティカル5.0にマグウェルをつけた!

KSC STIタクティカル5.0にマグウェルをつけた!

もともとSTIのタクティカルがいいなと思ったのが、
実銃の4.15にマグウェルつけた人の写真を見たからで、
絶対マグウェルはつけようと思っていた。
実銃界では、みる写真みんなSTIタクティカルにマグウェルついてるし。

マルイハイキャパ用のマグウェルみたけど、微妙な出来のレプリカが4000円とかして
無駄っぽいなと思ったので、KSCのパーツリストをみたら、エッジ用のマグウェルが2500円だったので
早速注文。翌日には届いてた。KSCのパーツ注文は簡単で速くていいな。
Webから注文して15時までに振り込めば、翌日には宅配便で届くという。
パーツリストは手元に必要だけど。
ちなみに、タクティカル5.0には、エッジ5.1のパーツリストと追加でタクティカル5.0専用のパーツリストが
ついてるので、エッジ5.1のパーツはすべて注文できる。



アウターバレルも一緒に注文して届いた。なにをするかは後日。

取り付けは簡単。タクティカル5.0のハウジングピンを抜いて、
マグウェルを取りつけて、マグウェル付属のハウジングピンを入れるだけ。
ピンには凹みがついてて、そこにポンチをあてるとすべらないようにできてる。
自分は、ちょっと奥に入るまで5.56mmライフル弾のダミーカートで押しだして、
ピンポンチがすべらないぐらいまで奥にはいったら、ピンポンチで押しだした。

とりつけた写真



こんな感じ!! しぶい!! かっこいい!!
STI好き以外には、野暮ったいスライドの刻印と、パッとしな形のマグウェルで
あまりパッとしないかもしれないけど、STI好きはこの野暮ったさがたまらん!

マグウェルの機能としても十分。スッとマガジンが入るようになる。
まあそんなに素早いマグチェンジはしないから、飾りだけど。

でも、STI純正だと、ブラックのマグウェルには刻印にホワイトが入ってるんだよな。

実銃の写真 (引用元どこかわすれてしまった)


野暮ったさがさらにUPな感じのマグウェルのがっつりホワイトだけど、
やっぱこれがないとSTIのマグウェルって感じがしないので、
あとでホワイトいれようっと。  


Posted by usay at 17:13Comments(0)

2014年06月01日

KSC タクティカル5.0を買った!!

KSC タクティカル5.0を買った!!

KSCのSTIはシステム7化されてからずっと欲しかったんだけど、
なかなか合うホルスターが日本で売ってなくて、本体も買ってなかった。
特にタクティカル4.15は実銃の写真をみて欲しいなーってずっと思ってた。
それが今週たまたま友達がマルイハイキャパ5.1を買ったのを見たのと、
たまたまタックエレメントをみたらたまたまG-CODEのXSTホルスターのSTI用が
再入荷して種類も豊富だったので、今がいい機会とKSCのSTIタクティカル5.0を買った!!





今さら説明するまでもないけど、KSCのSTIシリーズは、正式にSTIと契約して、
ロゴ等はもちろん、グリップに至ってはSTI社に実物の型を使って
エアガン用に作ってもらうというこだわり様。
システム7化して、リアルな内部メカはちょっと省かれてしまったもの、
リアルな外観と確実な動作と性能を持つようになったというもの。

STIが好きなだけので、サードパーティ製のカスタマイズパーツが多い
マルイハイキャパをベースにSTIを作るって手もあったけど、
スライドがどうしてもメタルばっかりになってしまうので却下した。
むしろカスタムパーツが少ないほうが沼に落ちなくいいし!

握った感じは、すばらしくいいな。
STI社のグリップの剛性感がすばらしい。
シングルカラムの1911より握りやすい感じがする。
チェッカリングも、握り直しやすいわりに、
深く握ると痛くない程度に手に吸いついてしっかりホールドできる。
当然、射撃時の命中精度にもいい影響あたえてるし。

撃った感じも、ABSのスライドとは思えないビシっとストレートに来る感じで、
なにかこう男のツールって感じがする。
命中精度も高いと思う。5mぐらいでしか試してないけど。

外観もほんとすばらしいと思う。やっぱ外観はKSCはよくできてる。

スライドとシャーシまわり

シャーシはアルミ製だったかな。シャープな造形と刻印で、
シリアルナンバーは個別のが入ってる。
YoutubeでTactical5.0のレビューやってる人のを見たら、
シリアルナンバーが1番違いだったw

スライドがABSで、シャーシが金属なのに、
スライドのSTI刻印とシャーシの2011刻印が
両方とも同じような見た目で入っているのが芸が細かいと思う。
これがスライドが金型の運河掘りだったりすると、
そりゃスライドを交換したくなると思う。

スライドのセレーションも、むちゃくちゃシャープなのはもちろん、
機械加工したような跡もわざわざつけたりしてほんと細かい。
しかもわざとらしくじゃなく、よく見るとうっすらついていると言う。

トリガーには、引きしろ調節用のイモねじが入ってる。
2mmの六角レンチをつっこんで締めてやると、
ハンマーが落ちた後の引く量を調節できる。
ハンマーが落ちるまでの遊びは調節できない。
自分はパキっと切れるのが好きなので、ギリギリまで追いこんだ。


スライド上面のヘアラインも美しく入ってる。
しかも均一じゃないから、あとから加工してるんだろうな。
ヘイニータイプのサイトもシャープ。
ただ、フロントはフラットなので光が反射して見にくいことも。
ヤスリで溝いれようかな。


焼結金属のハンマーもカッチリしていてよい。
カスタム1911は、このへんの密度感がたまらないな。
セーフティはちょっとスが入ってた。まあ気にはならないけど。


シャーシのレール部分もめっちゃくっちゃシャープ。
結構オイルまみれだった。
KSC作成部分のABSのスライドはすごくシャープだし
パーティングラインも綺麗に整形されてるのに、
STI作成部分のグリップ部分はパーティングラインそのままだし、
表面もデコボコだし、チェッカリングは白い粉ふいてるし
さすがのMade in USA品質www

ただ、寸法精度はものすごく高い。
アメリカの実銃部品ってこれに限らず、表面処理は雑だけど、
寸法精度はめちゃくちゃ高いよね。
性能や安全上必要な精度は高いけど、必要ないところは雑という。
もちろんそれで充分だけど。


グリップのSTIメダルはSTI作成のもの、マガジンキャッチのSTI刻印はKSC作成。

ほんとよくできてる。満足度は非常に高い
不満点を上げると、よく言われることだけど、
セフティレバーがすぐ上がってしまうこと。
親指の位置からして、すぐ降りてしまうことは無いから安全上は問題ないのだけど、
ちょっと上がってる状態でスライドを引こうとして
ひっかかってしまうことがよくある。
ここは改良してほしい点。あとは不満点はない。

グリップのスクリューが銀色銀色していて目立つのだけど、
これはSTI社から提供される共通のネジがそうなってるのだろうし、
実際タクティカルシリーズの初期モデルはスクリューがシルバーだったので
そのモデル化だからこのままで良いだろう。

STIのタクティカルシリーズは毎年アップグレードされてて
今のモデルは5インチモデルでもシャーシがスライド前端まで伸びてて、
スライドもフラットになっていたりする
のだが、
KSCがモデル化した初期モデルのほうが格好いいと思う。
あ、でも黒染めされたスクリューと、おとなしめのスライドの刻印は現行モデルのほうがいいね。
でもいいんだ! 野暮ったいのも含めてSTIが好きなわけだし!!

ってことで、念願のSTIを入手できてよかった!
しかも、外観も性能もすばらしく、非常に満足できるハンドガンだと思う。
単体での完成度が高い。耐久性はまだわからんけど、
まあKSCだし、そのうちなにかしら壊れるでしょw そんときは直すさ。

さあ本体も手にいれたことだし、ホルスターはもう発注してあるので
届くのが楽しみ!!  


Posted by usay at 14:09Comments(0)買い物