スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2013年04月21日

LWRC M6A2のチャンバーをProWinのCNCチャンバーに交換してみた

LWRC M6A2のチャンバーを交換してみる。
ProWinのCNCチャンバーを使ってみた。



クラシックアーミーのチャンバーは同軸式でしっかりしてるし、
弾道も悪くないんだけど、もっと向上するかなと思って、
定番のチャンバーを使ってみた。
あと青くてカッコいいしねw

まずはクラシックアーミーのチャンバーをばらす。

きれいな成型だし、同軸式でしっかりしてるし、ブレもないし
いいチャンバーだと思う。
ダイヤルが、カチカチとクリック感がでるようになってて、
クリック数で覚えておくこともできるし。別売して欲しいと思う。

バレルはライラクスのEGバレル407mmを使った。

アウターバレルを16インチにしてあるので、インナーバレルは407mmでちょっと足りないぐらい、
433mmで10mmぐらいはみだすぐらい。420mmでちょうど良さそうなんだけど、
420mmのってあまり売ってないので、入手が簡単な407mmにした。

今まで次世代用364mmで0.80Jぐらいだから、経験上、40mmぐらい伸びたところで
法廷内だろうと想定した。チャンバー交換だと一気にあがる可能性はあるけど、
もともとClassic Armyのチャンバーが気密しっかりしてるチャンバーだから
いきなり0.18J以上上がることはないだろうと。

法定上限を越えたことを明言したり写真のせる人がたまにいるけど、
気温などがわかないので違法とは一概には言えないけど、
そうであっても誤解を与える可能性があるのでやめてほしいと思う…

さて組立て



チャンバーパッキンはマルイ純正を使った。
実はでっぱりがないストレートパッキンとか、電気なまずとか用意したけど、
いまいち安定しなかったので、でっぱりのあるパッキン+チューブ状クッションラバーにした。

シールテープは、インナーバレルとパッキンの間ではなく、
パッキンとチャンバーの間にまいた。パッキンとシールテープを、
チャンバーで潰すイメージ。バレルとパッキンの間だと、
パッキンが外しにくくてやぶけそうになったので。
どちらにせよ、シールテープが潰れれば大丈夫。
昔、実験装置用に真空用に使ってたグリスが欲しいな。
ただあれは密着してないとだめなので、シールテープのほうが合ってるかも。

ひととおり組み立てたら、バレルの先と給弾口を指でおさえて、
ノズル口から口で吹いてみたら、バッチリ気密が取れてた。
でもよく考えたら他のところから口で吹けばよかったw
わざわざグリスまみれのところに口をつける必要はなかった。

チャンバーをメカボに押しつけるスプリングは、
M6A2のスプリングだと弱すぎたので、
ホームセンターで適当なスプリングを買ってきてつけた。

M6A2に組付けてみたところ

エジェクションポートからみえる青いチャンバーがかっこいいですね。
このM6A2は、この状態で疑似ボルトストップがかけられるので
こういう写真が撮りやすい。

M6A2のアッパーレシーバーとMadbullのアウターバレルの組み合わせでは
ProWinのチャンバーはまったく問題なく、しかもガタなく取り付けができた。

撃ってみたところ、0.20gでホップなしで初速91 - 92 m/sぐらいで落ち着くようになった。
適正ホップでも89 - 90m/sぐらい。なかなか良いのではないだろうか。
きっちり気密をとってもエネルギーが0.80Jぐらいから上がってないのは、
もともとのスプリングも含めたメカボがそのくらいのエネルギーが最大なのだろう。
メカボは箱だしでも調子いいので、調子が悪くなるまではなにもしない。
中華ガンメンテナンスを専門にしてる人がそう言ってたしね。

弾道はかなり安定してる。適正ホップでもスーーッと伸びていく
あのホップが決まったときの気持ちいい弾道が連続する。
さすが噂通りの良いチャンバーだと思う。
でも惜しむらくは、クラシックアーミー純正のチャンバーとあまり変わらないことw
苦労して青くしたい人以外は、クラシックアーミー純正でいいと思う。
  


Posted by usay at 00:34Comments(0)カスタム